1890年の4月4日の・・

この日、
小泉八雲こと、ラフカディオ・ハーンが来日した日です。

 

1884年にニューオリンズで開かれた万国博覧会の
日本館を新聞記者として取材し、
日本の伝統文化に興味をもったから・・だそうです。

 

そして、島根県松江市の
松江中学の英語教師となり、小泉節子と結婚して帰化。

 

怪談、『雪女』や『耳なし芳一』で
なじみの深い、
明治の文豪・小泉八雲は、
刺身、煮物、焼き魚などを好み、
とくに奈良漬が大好物だった、とのこと。♪

 

たまには彼の文学にふれてみましょう。

 

小学生のときに戻った気分になれそうです。

4月2日は連翹(れんぎょう)忌です。

 


詩人であり、彫刻家でもある高村光太郎の命日。

 


木彫界の重鎮であった高村光雲の長男で、


『道程』『智恵子抄』の詩集や、


十和田湖の『裸婦像』などを手掛けてましたね。

 

 

享年73歳。

 

彼の亡くなった日、

雪のあがった庭には

連翹の花がたわわに咲いていたことと、

 

本人も生前、レンギョウの花を好んだことから、


「連翹忌」と呼ぶようになったとのこと。

 


 


今回は、静かに文学に触れてみました。

 

 

3月28日は、「三つ葉の日」です。

「み(3)つ(2)ば(8)」の語呂合わせから制定されたそうです♪

 

日本古来より親しまれてる「三つ葉」は、

日本原産の野菜で、

江戸時代から野菜として栽培されるようになりました。


昔は食用して扱われてきませんでした。


ですが・・

香りの良さから様々な料理に欠かせない野菜となり、

現代では「日本のハーブ」とも呼ばれています。

 


そして味噌汁との相性もよいとのこと。


三つ葉に含まれてる「カリウム」が、

体内の余分な塩分を排泄してくれますので、

塩分の多い味噌汁に浮かべて飲むと、バランスを保ってくれます。♪

 

人の出入りが慌ただしく・・

落ち着かない今の季節には、うってつけの野菜です。♪

 

こちらもお勧め。

▼家庭用 ハーブの水耕栽培キット「窓際族」(窓辺で三つ葉)
https://amzn.to/3ar7Yv3

 


今年はコロナの影響で

外出も ままなりませんが、

せめて「水耕栽培キット」で三つ葉を育ててみましょう。

 

 

3月24日は「壇ノ浦の戦いの日」とのこと。


1185年(元暦2年)のこの日・・

長州沖の壇ノ浦合戦で、

源義経が率いる源氏の水軍が平家軍を破った・・日ですね。

 

この合戦により平家一門が滅亡。

 

平教経に追われた義経が、

船から船へと飛び移る「八艘飛び」も知られてます。♪

 


ところで・・

運動会や、NHK紅白歌合戦で、

紅組と白組とに分かれて競うのは、


この源平合戦(赤旗=平家、白旗=源氏)からの流れだそうです。

 

たしか・・小学校の時には

卒業式の帰りに、紅白饅頭をもらった記憶があります。♪

 

ともかく今回は、

最近食べてない紅白饅頭とともに、しみじみ歴史を味わいましょう。

 

 

3月14日は「ホワイトデー」でもあり、

「キャンデーの日」でもあります。


飴菓子業界の全国組織である、

全国飴菓子 工業協同組合が制定されたそうです。


1980年(昭和55年)が

第一回ホワイトデーだったそうです。

 

いわゆる・・

バレンタインデーの催事が定着するにつれて、

お返しの風潮が生まれてきたことから、

最初はキャンデーやマシュマロだったようです。

 


バレンタインデーのアンサーデーを、

全飴協がホワイトデーとして定める以前は、


「フラワーデー」「クッキーデー」などのネーミングがありました。

 


日本人の「お返し」文化にピッタリなので、

この機会に

飴玉で感謝を表しましょう。

 

3月9日は「感謝の日」です。

 

 

「ありがとう」のサンキュー(3と9)の語呂合わせから。♪

 


「父の日」「母の日」など


身内に対する感謝の日はいくつかありますが、


人生を重ねていくうえで、


いろいろな形で感謝したい人や出来事に出会う・・

 


そんな今までの人生で


めぐりあったものに思いを寄せる日を、と制定された日とのこと。

 


感謝を伝える贈り物、そして心。


大切にしたいものです。

 

 

3月3日、桃の節句ですね。

 

ところで「桃の節句」の由来は・・


平安時代の貴族が薬草を摘み、

その薬草で体の汚れをおはらいして、

「健康と厄除を願う」ことが始まりだとか・・♪

 

そして・・


桃には「魔除けの力がある」とも考えられていたことから、

節句を祝うのにふさわしいものとして、

「桃の節句」と呼ばれるようになったそうです。

 

 


「魔除けの力がある」は初耳でした。

 

 

ともかく、甘酒を飲んで

わいわいガヤガヤと楽しく盛り上がりましょう。

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM