7月4日は

語呂合わせから「梨の日」とのこと。♪

 


「日本書紀」には

梨の栽培技術が書かれているとのことで、

梨は数少ない国産の果物とされてるようです。


 


これからの気温が高くなってくる時期、

梨のカリウムには、

体のほてりを冷ます効果があるので、

意識して摂っていきたいものです。


 


そして夏は、水分を身体が欲しますから、

この時期の梨は嬉しいものです。


 


また、

アスパラギン酸も含まれているので、

パワーアップにも最適でしょう。

 

最近では生で食べるほかに、

焼肉のタレに混ぜたりして、の需要もあったりしますね。


 


ともかく、焼肉+梨パワーで頑張りましょう。

 

 

6月30日は「夏越の祓(なごしのはらえ)」。


この半年間のけがれを祓い、

夏以降の疫病除けを祈願する行事でもあります。

 

この日、京都では・・

三角形の白い外郎(ういろう)に、

甘い小豆がのっている和菓子 「水無月」を食べる風習があります。


 

白い三角形は暑気を払う氷を象徴し、

小豆は疫病祓いの意味合いを持っています。



ともかく、後半戦に向けて、

鋭気を養いましょう。

 

 


▼桃太郎製菓 水無月


6月26日は「カミナリ記念日」です。

ちょっと変わった名称ですが・・・

 

▼以下、抜粋。

930年(延長8年)に平安京の清涼殿に落雷があり、

大納言の藤原清貴が亡くなった。

この落雷は政治的な策略によって太宰府に左遷され、

そこで亡くなった菅原道真のたたりであると信じられていた。
 


ちなみに雷除けの呪文

「桑原、桑原」は、

都で落雷が続出した時、

道真の屋敷があった桑原の地にだけ落雷しなかったことから

唱えられるようになったといわれている。


▲抜粋、ここまで。

 

学問の神様として知られてます菅原道真ですが、

このような

「桑原、桑原」や「菅原道真のたたり」なる

云われがあるのはすごいですね。


ともかく、たたりのカミナリが落ちないよう、

日々、勉強・・・といきましょう。

 

▼雷おこし缶

 

 

 

6月23日は「沖縄慰霊の日」です。

 

▼以下、抜粋。

 
6月23日「慰霊の日」は

沖縄県民にとって、忘れることのできない特別な一日でもあります。

 

 一般住民を巻き込み、

20万あまりの尊い命と財産や、

沖縄の文化財、自然がことごとく奪われた沖縄戦は、

太平洋戦争で、唯一、日本国内の一般住民が地上戦を体験したという、

まさに地獄そのものでした。

 

 (中略)



 毎年この日は、

糸満市摩文仁の平和記念公園において

午前11時50分から沖縄県、沖縄県議会主催の

「沖縄全戦没者追悼式」が行われ、

正午の黙祷などにより戦没者の御霊を慰めるとともに

世界の恒久平和を願う沖縄県民の思いを世界に発信しています。


また同時に、

沖縄県内に散在する各地の慰霊塔などでも一斉に慰霊祭が行われます。

 

▲抜粋、ここまで。

 


本土に住んでいる私たちには想像できないほどの

過酷な時代だったようですね。

 

平和な日をさらに望みます。 (合掌)

 

6月21日は「海老フライの日」です。
 

曲がった海老の形が「6」に見えることと、

「フ(2)ライ(1)」と読む語呂合わせから。♪

 

人気メニューでもある

「海老フライ」の記念日をきっかけにして、

美味しい海老フライを

更に食べてもらうことが目的だとか。^^

 

もともと脂質が少なく、

アスリートやダイエットをする方にも好まれるエビ。


エビの身は、90%以上が水分と蛋白質。

体の約30%がたんぱく質で、

糖質や脂質はほぼゼロだそうです。


 


今回は、

海老フライで少しばかり贅沢してみましょう。

 

 

6月13日は「小さな親切の日」です。


1963(昭和38)年に「小さな親切」運動本部が発足。


その年の東京大学の卒業式の告辞で・・


茅誠司総長が


「小さな親切を勇気をもってやってほしい」


と言ったことがきっかけ。

 

「できる親切はみんなでしよう

それが社会の習慣となるように」


「人を信じ、人を愛し、人に尽くす」

 

をスローガンに運動が進められています。

 


なるほど。

「社会の習慣となるように」

大切ですね。

 

6月6日は「梅の日」です。


平成18年(2006年)、

みなべ町など、紀南の梅産地の各団体でつくる「紀州梅の会」が、

 

毎年6月6日を

 

「梅を贈って健康を祝し、ロマンを語る日」として・・


『梅の日』と定めたそうです。

 

 


ロマンを語る日・・というトコがいいですね。

 


なるほど、健康であるからこそ「ロマンを語れる」わけです。♪

 


▼こちらのホームページに詳しく載っています。

http://www.town.minabe.lg.jp/docs/2013093000015/
 

 

 

聞く話によると、

こちらの紀州の地方には、

お料理にもふんだんに梅を活用しているとのこと。

 


ともかく、これからの暑い時期、

梅の力で体力を補っていきましょう。

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM