12月12日は 今年の「漢字の日」です。♪

 


日本漢字能力検定協会が、

その年の世相をあらわした漢字1字を募集して

一番多い字が今年の「漢字」になります。

 


この漢字の日は、

「 いい(1)じ(2) いち(1)じ(2) 」(いい字1字)の

語呂合せから・・

1995(平成7)年に制定されたそうです。

 


日本人一人一人が毎年、「いい字」を

少なくとも「一字」覚えてほしいという願いが込められています。

 


そして清水寺で

清水寺貫主(住職)さんによって書かれます。

 

 

ところで今年はどんな漢字が選ばれるのでしょう。


興味ありますね。(^^)

 

 

またこの日を機会に

自分なりの「今年の漢字」を決めるのもいいでしょうね。


そして来年の抱負を込めた「来年の漢字」も。(^^)

 

12月11日は「胃腸の日」です。♪

 

▼以下、抜粋。

 

師走は一年の締めくくり。


忙しかったこの一年を振りかえるとき、

あなたの大切な胃腸にも、

かなりの負担をかけてきたことをお忘れなく。

 

胃腸へのいたわりの気持ちを持つ日、

それが12月11日。“胃にイイ日”です。

 


▲抜粋。ここまで。

 

 


なるほど♪


胃腸へのいたわりの気持ちを持つ日なんですね。(^^)

 

 

わたし自身、そんなにお酒を飲まないのですが・・


夏はビールっ腹になったりしますので、

いたわりの気持ちを持つようにします。

 

 

ともかく年末のあわただしい時期ですが、

忙しさにかまけて、

体調を崩さないようにしましょう。(^^)

 
 

 

寒風 吹きすさぶこの頃・・


顔がこわばった状態の人が多いのでは?


ビタミンが不足しているかもしれません。

 


この時期は冬の定番の

「こたつでミカン」と行きましょう。

 


ミカンはビタミンCをたっぷりと含んでいますが、


だからといって食べすぎてもダメ。


3個くらいで、大人が1日に必要なビタミンCが補給できます。

 

 


そのビタミンCには・・

風邪などの、ウイルス感染への抵抗力も強化されます。

 

 

そして、「みかん湯」もオススメです。


みかん湯には血行促進効果があります。


いつまでも体が温かな状態が続き、湯冷めしにくいそうです。

 

みかん湯は色白美人になる・・との伝説も♪

 


嬉しいですね。

 

 

 

ともかく今回は「ミカン」で健康めざしましょう

 

 

 

12月3日は、手品の掛け声でよく聞く・・

ワン(1)、ツー(2)、スリー(3)で「奇術の日」です。♪

 


奇術は明治時代に生まれた言葉で、

手品は江戸時代の頃からだとか。

 

江戸時代には

多数の手品師なる「放下師」が

大道芸として手品を行っていたそうです。

 


そういえば、

プリンセス・テンコー、初代引田天功がおこなっていた

「脱出マジック」も過去にありました。


あれは「イリュージョン」とも呼ぶそうです。

 

 


そういえば、小学生のとき、

冬休みに「手品トランプ」を買ってもらった記憶があります・・。


子供心に嬉しかったですね。

 


今回は手品で周りを和ませましょう。

 

 

 

 

11月26日は「いい風呂の日」です。


1126=イイフロ・・の語呂合わせから。


どうやら「入浴剤の使用促進」を目的とした記念日のようです。

 


夏よりも今の時期は、

ゆったり湯船につかるのが嬉しいひとときですね。♪

 

 

 

 

師走もすぐそこ・・冬の夜長は湯船でユッタリしましょう。

 

11月22日は、

語呂合わせから「いい夫婦の日」です。
 


こんなときの贈り物は

夫婦茶碗や、組湯のみなどがいいでしょう。♪

 

 


これから、寒くなる時期、

湯のみセットは嬉しい贈り物かもしれません。


 


ところで、「いい夫婦の日」は

1988年(昭和63年)に提唱されたそうで・・


勤労感謝の日と組み合わせて、

秋の連休となるよう、祝日化を目指しているとか・・。

 

かなり前より企画されていて、

なかなか連休にならないようですが・・

ともかく、

秋から冬への温まる記念日としたいものです。♪