朝晩寒いですが、

この時期の、夜の楽しみといえば「お風呂」です♪

 

日本のよき風呂文化・・

外国の方には珍しい「季節湯」の風習もあります。

 

今回は、季節湯の楽しみ方と、その効果をご紹介します。

 


1月の季節湯は「 松 湯 」

門松に通ずる「松」は「神を待つ木」の意味を持ち、

神霊が下界に降りてくる為の目印とされてます。

 

 

松に含まれる精油成分には・・

皮膚を刺激する作用があり、血行促進に効き、

松湯の風呂に入ると身体の隅々まで血液が循環します。

 

その結果・・

神経痛やリウマチに効き、肩こりや腰痛にも効果があります。

 

また、松の芳香に含まれる化合物は、

疲労感を軽くしてくれる働きがあります。


嬉しいですね。

 

 

ともかく今回は

「 松 湯 」でユッタリしましょう。

 

 

近頃はクリスマス行事に隠れてしまって

ちょっと影が薄らいだ冬至ですが、

暦の上では大事な基点。


 
 


この日を境として

新しい四季の巡りが始まる日ですから、

冬至にまつわる行事も多く残ります。


 
 


 
 
 

冬至は、太陽の南中高度が最も低くなる日で

暦の上では冬の極みなのですが、

気候的に考えると、

この日を境に寒さがつのる日でもあります。


 
 

いわゆる・・これから一層寒くなるということですね。

 

ゆず湯には、こんな寒い日々に風邪などひかず

元気に過ごせるように、と言う意味があります。


 
 



 
また、「ユズ」は「融通」に通じて、

お金の周りが良くなりますように、と言う願いも込められているとか。^^


今年は、ゆずの数を増やして入浴してみましょう。(^^)

 

 


12月17日から19日までは

東京の浅草で羽子板市が催されるようです。♪


http://www.senso-ji.jp/annual_event/21.html

 

いわゆる・・時事ネタや人気タレント、


スポーツ選手が羽子板にデザインされている、


冬の風物詩ともいえる行事ですね。


 

 


歌舞伎の藤娘や勧進帳などの伝統的な羽子板から、

 


今年話題の人物を描いたものなど


約5万本の羽子板が並び・・


約50軒の露店が連なり、深夜まで営業しているとのこと。

 

 

たしか今年の変わり羽子板として、

将棋界から天才中学生の藤井四段の羽子板もあったようです。♪

https://www.kyugetsu.com/archives/6903

 

 

 

ともかく、

その時代の背景が垣間見れるので、楽しいですね。

 

 

 

寒風 吹きすさぶこの頃・・


顔がこわばった状態の人が多いのでは?


ビタミンが不足しているかもしれません。

 


この時期は冬の定番の

「こたつでミカン」と行きましょう。

 


ミカンはビタミンCをたっぷりと含んでいますが、


だからといって食べすぎてもダメ。


3個くらいで、大人が1日に必要なビタミンCが補給できます。

 

 


そのビタミンCには・・

風邪などの、ウイルス感染への抵抗力も強化されます。

 

 

そして、「みかん湯」もオススメです。


みかん湯には血行促進効果があります。


いつまでも体が温かな状態が続き、湯冷めしにくいそうです。

 

みかん湯は色白美人になる・・との伝説も♪

 


嬉しいですね。

 

 

 

ともかく今回は「ミカン」で健康めざしましょう

 

 

 

秋も深まり・・紅葉の見頃を迎える季節となりましたね。♪

 

休日は「紅葉狩り」に行く人も

多いのではないのでしょうか。

 


ところで紅葉狩りは、

平安時代から行われていた季節の行楽だそうです。

 

当時、貴族の間では・・

紅葉している木を手で折り、

観賞する習慣があったことが「紅葉狩り」の根源といわれています。

 


また、紅葉を見るために

行楽に出かけるといった慣わしは、

四季がある日本独自のものとのこと。♪


奥ゆかしいですね。^^

 

 


今回は・・

紅葉を楽しめたりと、

四季折々の楽しみがある

日本の良さを感じましょう。

 

 

 

今度の8月5日は2度目の土用丑の日♪


2017年の夏は「丑の日」が2回あります。


通称“二の丑”です。

 


そして・・


夏やせには鰻がいい?とか。
 


土用の丑の日には鰻という話となると、

必ず採り上げられるのが

万葉集の大伴家持の和歌があります。

 


『 石麻呂に吾物申す 夏痩せに吉しと云うふ物ぞ むなぎ取り食せ 』

 


というのが有ります。

 

「むなぎ」は鰻のことですね。
 

 

夏痩せしてしまった石麻呂という人に、

『鰻がいいというよ、とってきて食べなさい』と言った意味のようです。


そして、万葉集に登場するくらいですから、

精力のつく食べ物としての、

鰻の歴史は有名なようです。


 


ともかく、

今回も うなぎでスタミナアップをはかりましょう。

 

 

本日は24節気のひとつ「大暑」です。

夏の暑さが盛りを迎える頃にあたる・・とか。

 

そして「天ぷらの日」でもあります。♪


夏の暑さからバテないために、

大暑の日に天ぷらを食べて元気に過ごそうというもの。
 


土用の丑のウナギや、

8月29日の焼肉の日と共に

「 夏バテ防止 三大食べ物 記念日 」となっているとのこと、
 


おもしろいですね。^^

 

 

ともかく、この暑さに負けぬため、

スタミナだけは確保しておきましょう。